vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです

WordPressのサイトマップを「PS Auto Sitemap」で作成してみよう

      2017/01/31

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトマップとは、サイト内にあるページのリンク集のようなものです。

このサイトマップページをサイトに設置しておけば、検索エンジンで適切にページが検索されるようになったり、ユーザーが閲覧したい記事を見つけやすくなります。

このサイトマップをかんたんに作成してくれるのが、『PS Auto Sitemap』です。

また、今回のようにサイトに設置するタイプのサイトマップを『HTMLサイトマップ』と呼びます。検索エンジンに直接送るタイプのサイトマップを『XMLサイトマップ』と呼ぶので、この機会に合わせて覚えておくと良いですね。

では、PS Auto Sitemapプラグインを使って、サイトマップを設置する手順をご紹介していきます。

スポンサーリンク

PS Auto Sitemapのインストール

さっそくPS Auto SitemapプラグインをWordPressにインストールしていきましょう。

WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を開きます。

wp-ps-auto-sitemap

検索バーに「PS Auto Sitemap」と入力、「今すぐインストール」をクリックします。

wp-ps-auto-sitemap2

プラグインを有効化」を選択しておきましょう。

wp-ps-auto-sitemap3

これでPS Auto Sitemapがインストールされました。

PS Auto Sitemapでサイトマップを設置してみる

では、PS Auto Sitemapを使ってサイトマップを設置してみましょう。まず最初に『サイトマップになる固定ページ』を作成します。

固定ページ」→「新規作成」を選択します。

wp-ps-auto-sitemap4

次のように設定します。

wp-ps-auto-sitemap5

タイトルパーマリンクを設定、モードを「テキスト」にして、本文に次のコードを貼り付けます

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

このコードは「PS Auto Sitemapの管理画面」からも確認できます。不安な方はそちらからコピペして使ってください。

このページを公開し、管理画面URLに含まれている次のID番号をメモしておきましょう。この番号をPS Auto Sitemapの管理画面で入力していきます。

wp-ps-auto-sitemap6

これで公開用のページが準備できたので、次に「設定」→「PS Auto Sitemap」を選択、PS Auto Sitemapの管理画面でサイトマップの設定をおこなっていきます。

wp-ps-auto-sitemap7

次のように設定します。

wp-ps-auto-sitemap8

固定ページのID番号を入力サイトマップのスタイルを好きなように選択、キャッシュは他のキャッシュ系プラグインと競合を起こす場合があるのでチェックを外しておくことをおすすめします。それ以外はデフォルトでOKです。

もし、サイトマップに載せたくないカテゴリーや記事があったら、先ほどと同じようにID番号を調べてカンマ区切りで入力しておきましょう。

忘れずに「変更を保存」をクリック。サイトマップが設定されたか確認してみます。

サイトマップを確認してみる

このようにサイトマップが表示されました。

wp-ps-auto-sitemap9

スタイルは「ビジネス」を使ってみました。あとは、このページをメニューバーなんかに設置すればOKですね。

また、自分で使う場合もこのページを開いてCtrl + Fで、楽に記事検索なんかもできて便利です。参考にしてください。

LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
今までめんどくさがって設置してなかったんですけど、記事の一覧見れるってかなり便利ですね。当ブログのサイトマップは上部のメニューバーから見れるので参考にしてくださいー!

 - WordPressプラグイン

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。