vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

僕の女性遍歴と音楽についての記録的ななにか

      2016/08/20

LINEで送る
Pocket

my-music-and-love
はろーはろー。今回の記事は、完全なるokutani(@okutani_t)の自己満記事である。いつか書きたいとは思っていたが、今の時期、ちょうど良いタイミングなのでつらつら書いてみる。

今までこのブログでは『ですます』口調で一貫していたが、内容が内容なので、フランクにいく。これは僕の女性遍歴と、音楽を振り返って、さあ、つぎへ進もうじゃないか、そういった記録的記事である。まあブログだし、そういうことで。

過去にさかのぼろう。あれはそうだ、中学の初恋の出来事から。

※タイトル下のリンクは、紹介した曲のiTunesへのリンクです

スポンサーリンク

1. 15歳→ウルフルズ『ガッツだぜ!』『バンザイ〜好きでよかった〜』

バンザイ

1,600円
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

中学にあがり、僕は初めて「恋愛で好きになる」という気持ちになった。同じ1年E組のHさんが隣の席になってからというもの、ふとしたときにHさんのことを考えてしまい、どうやら、僕は彼女を好きになっていたようだ。

Hさんは中学生にしては大人びていて、そのままモデルとしてやっていけるんじゃないか、というルックスであった。100人中98人は「美人」と答えるぐらいの美人だった。

そうそう話をすっ飛ばすが、時は中3まで進む。残り半年で卒業、というシーズンまできて、僕はまだHさんのことが好きだった。長い長い、片思い。ちなみにこの3年間で話した回数は、ほぼ無いに等しい。今考えると、奥手過ぎだ。

僕は「卒業までにどうにかしないといけない」と、自分を奮い立たせ、やっとの思いで行動に移すことにした。

僕は手紙、まあ、そう、ラブレターってやつを書いた。

渡し方はいろいろ考えたが、やっぱり直接渡した方がいいってことで。携帯の電話番号を知らなかったのと、そもそも携帯を持っているかもわからなかったため、手と心を震わせながら、家電で呼び出した。今思うと連絡網ってすごい。

Hさんのお母さんが出て「?」ってなっていたのを、今でも思い出す。相手の名前を言って、Hさんが電話に出た。会って渡したいものがある、としどろもどろで伝えた。

手紙を渡す前、僕はウルフルズの『ガッツだぜ!』をジャパネットたかたで買った、ちゃっちいMP3プレーヤーで聴いた。家を出て、待ち合わせの公園までの道のりを、足をガクガクさせながら、「ガッツだぜ、ガッツだぜ」とウルフルズに励まされながら、一歩ずつ踏みしめながら歩いた。

おたがいの家の間にある公園の前で、手紙を渡した。

手紙の内容は「気になっています。メールアドレスを書いておきます。連絡ください」とか、そんなんだったと思う。

帰り道、同じくウルフルズの『バンザイ〜好きでよかった〜』を聴きながら、両手を2, 3回あげて、「俺、よくやった、頑張った」なんて、はたからみたらなんだこいつって感じで、それでも、人生で初めて、恋愛に対して行動ができたことに、嬉しさを覚えた。

そこから卒業まで、そう、僕がHさんに告白するまで、メールは続いた。メールは長いときで1000文字を超えて、ほぼほぼ毎日やりとりをしていたと思う。

メールは、僕があっさりと振られて、それっきりだった。

自分が『非モテ』というカテゴリーにいることに気がついた瞬間だった。

振られるときの「まゆげ、整えた方がいいよ」はたぶん一生忘れない。高校に上がって、まゆげを剃ったことも、一生忘れない。3年間にわたる僕の壮大な初恋は、あっさりと終わった。

2. 18歳→平井堅『世界で一番君が好き?』

LIFE is...

2,100円
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

高校・大学と僕はプールの監視員のアルバイトをしていた。室内プールなので一年中働けて、僕としては働きやすい環境だった。このプールに僕は8年以上在籍することになる。

そんなバイト先で大学1年のとき、一緒に働いていた同い年の子を好きになった。名前をAさんとしよう。

こういうとあれなのだが、「好きだけど別に付き合わなくてもいいや」。そんな、よく分からない心持ちだった。たぶん、ちょっと癖のある子だったから、付き合ってもうまくいく気がしなかったからだと思う。

そんなどっちつかずのとき、クリスマスがすぐそこに来ていた。僕はそのころ、平井堅をよく聴いていて、当時のお気に入り、iPod nanoで、家でも、どこでも、音楽をずっと飽きもせず聴いていた。

ぼんやりAさんのことを考えながら、どうしようか、行動しようか、と悶々としていると、iPod nanoから平井堅の『世界で一番君が好き?』が流れてきて、それをリピート再生で流しっぱなしにしていた。

例えば君が今出血多量の
大怪我で意識不明の大ピンチ
僕は車飛ばして病院へ急ぐ
246を300キロで

平井堅:世界で一番君が好き?

「好きなのに、告白しないのはもったいない。どうせなら、クリスマスの日に、告白しよう」

適当な性格である。初恋が初恋だったので、すこし恋愛に対して耐性(?)がついていたってのもある。

メールでAさんに「クリスマスに話がある。バイト先の、裏の公園に来て欲しい」と送った。OKの返事をもらった。胸が躍った。

「用事があってすこし遅くなるね」と連絡がきて、僕はクリスマスの日、裏の公園で寒さに震えながら待った。5時間。

Aさんは来なかった。日をまたいで、クリスマスが終わっても、さっぱり、来なかった。

警察官が通りかかって、「こんな夜に、ひとりで何してる」と、職質された。「好きな子に告白しようとして、待ってます。でも、どうやら、来ないみたいです」と答えた。警察官は「そうか、わかった」と、けわしい顔をすこしゆるめて、そう言った。

後日、僕は電話で好きだと伝えてはみたが、Aさんは「私は人と付き合うと気分が悪くなるの。ごめんね」と僕にそれだけ伝えて、電話を切った。僕は理解できないまま、ため息を何回もついた。

3. 24歳→忘れらんねえよ『北極星』

忘れらんねえよ

2,000円
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

時はまたぶっ飛ぶ。Aさんに降られたあと、彼女ができて、4年付き合って、別れた。

僕が24歳のときだ。

今後、僕の人生でこれ以上あるかないかの、苦しい時期だった。

彼女と別れたから、というのもあるが、僕の家族のことや、実は自分に障害があったってこと、自分が誰で何をして、人との付き合い方が、さっぱりよく分からなくなった。そんな時期だった。

家に引きこもって、ぐるぐる、ぐるぐる。カウンセリングを受け、人に嫌われて、人を嫌いになろう、と思い、人との繋がりをぜんぶ断った。

大学院の2回生だった僕には、時間があった。単位はぜんぶ取れていたし、研究も卒業までに間に合えば大丈夫だったので、家に引きこもっていても特に問題はなかった。

話がぜんぜん恋愛と音楽のことじゃないので、話を進めよう。僕はひとりで旅に出ることにした。なんとなく、北海道にした。

北海道に到着、レンタカーを借りて、いろいろまわった。旭川動物園に行ったり、ニセコに行ったり、富良野に行ったり。

4日目あたり、すすきのにあるガールズバーに入った。バニーガールがいた。

バニーガールのKちゃんは、僕のふたつ上で、笑顔がかわいい人だった。4年付き合った彼氏と最近別れて、このガールズバーで働いている、と言っていた。

僕はかなり緊張していた。

ガールズバーもバイトの先輩と一度行ったことがある程度で、何をしゃべっていいかぜんぜん分からなかった。とりあえず、今までまわった北海道の写真を、2枚3枚とKちゃんに見せていた。

「ねぇねぇ、ちょっといい?」

そう言って僕のiPhoneを、Kちゃんはひょいっと取り上げた。「?」と僕はアホみたいな顔で、Kちゃんを見ていたと思う。

「LINEね、私のID、入れといた。ふふふ」

僕はこの瞬間、Kちゃんのことが好きになっていた。年上なのに、無邪気に笑って、僕なんかを相手してくれるKちゃんを、僕は好きになっていた。

北海道だとか、すすきのだとか、ガールズバーだとか、バニーガールがどうとか、そういうことは、ぜんぶ飛んでいた。

Kちゃんは、12時には仕事が終わるから、それまでここにいて、と僕に言ったが、僕はそれを断って、予約していたビジネスホテルに帰った。

僕はいつも肝心なところで、正しい判断ができない。そのときは、単純にお金がなかった。手持ち金がなくなって、カードしかなくて、その時間まではいれなかった。

東京に戻って、Kちゃんとは1ヶ月ほどLINEを続けていたけど、僕が好きだと伝えたら、まあ当たり前なんだけど、ふつうに振られた。

「ガールズバーの女なんて、バカばっかだ」と、それこそバカみたいなことを思いながら、忘れらんねえよの『北極星』を聴いた。たぶん、Kちゃんは美人だし、笑顔が素敵だったから、今は幸せにやっているだろうなぁ。

僕はKちゃんが好きだった。でも、うまくいかないことは最初から分かっていた。だからこその、『北極星』だった。

4. 24歳→はっぴいえんど『風をあつめて』

風街ろまん

1,800円
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

顔も、名前も、性別も知らない人だった。おそらく、電話の声からして、女性なのだろう。

このころ僕は、ネットの掲示板を使っていろんな人とコンタクトを取って、他愛のない話を、飽きもせずにぐだぐだとしていた。

精神的に不安定になっていたこともあり、その心の隙間を埋めるため、何かを求めて、知らない相手とたくさん電話した。まあ、それで心の隙間が埋まることはなかったけれど。

「私はねー、はっぴいえんどが好き」

その、顔も、名前も、性別も知らない人、おそらく彼女である声の持ち主は、ちょっとだけ嬉しそうにしながら、そう言った。

僕はなぜか、その言葉が今でも忘れられない。その人のことは、どんなことを話したのか、もう覚えていないし、歳も、住んでる場所も、家族が何人だとか、学生なのか、社会人なのか、そんなことさえ、何も知らない。

だけど、僕は確かにその得体の知れない、どこかの誰かさんに、心惹かれていた。

何かが僕の中で引っかかっていたのだろう。

いつの間にか、その人とはコンタクトが切れていた。僕が切ったのか、相手が切ったのか、そんなことすら覚えていない。そのぐらい、ネットの繋がりは、軽くて、薄っぺらい。

僕はそれからすこし経って、駅前のTSUTAYAではっぴいえんどのCDを借りた。『風をあつめて』を聴いて、ふと、窓の外を覗いた。

「あの子もこの曲を聴いていたのかな。もしかしたら、今も、この曲を聴いているのかもしれない」

二度と話すこともないし、今後、会うこともない。会ったところで、お互いがお互いに、過去に話していたなんてことは、知る由もない。

僕は、はっぴいえんどが好きになった。

5.24歳→KANA-BOON『ないものねだり』

ないものねだり - Single

200円
(2015.12.27時点)
posted with ポチレバ

ネットの掲示板で知り合った、僕のふたつ下の子。Mちゃんとする。長野の図書館で働いているらしいその子は、とてもけなげで、いい子だった。

落ち着いた子で、小さく笑って、声が細くて可愛かった。この子とは3ヶ月ぐらい、連絡を取り合っていた。

仲良くなって、おたがいの写真を送り合ったり、iPhoneを使ってビデオ通話とかもした。

顔も知ってる仲だし、一回会ってみようよ、となるのは、ごくごく自然な流れであった。

「私ね、KANA-BOONが好きなの。『ないものねだり』って曲、今聴いてる。とてもいい曲だよ」

僕は東京から長野まで、車で行くことにした。ただ、お金がなかったので、下道で8時間以上かけて、Mちゃんに会いに行った。

車の中でKANA-BOONを流して、ブラックコーヒーを飲み、キシリトールのガムを噛み、眠くなる目をこすりながら、会いに行った。

日も沈む松本駅。Mちゃんとの初対面。やっぱり可愛かった。

「こんな子と僕がふたりで会っていいものか」と頭の中が混乱しながらも、年上だからしっかりしなければと、すこしくちびるを噛みながら、なるべく平然と振る舞った。

Mちゃんおすすめの蕎麦屋さんに行くことになった。すこし洒落た蕎麦屋さんで、僕は正座、緊張で味も分からない蕎麦をゆっくり食べた。

僕はこれから適当な宿で一泊して、次の日はMちゃんとふたりで松本城に行くことになっていた。そのことを、蕎麦を食べながら、楽しく話したことを覚えている。

「蕎麦、美味しかったね」

「うん。これからどうしよっか。まだ、時間大丈夫だけど、Mちゃんはどうする?」

「うーん、ふたりとも音楽が好きだし、カラオケでも行こっか」

Mちゃんとふたりで、駅前のカラオケに行った。『ないものねだり』をMちゃんが歌って、僕は嬉しくなった。

「Mちゃん、俺さ、君のことが好きなんだと思う。今日、初めて会ったばっかだけど、俺はMちゃんが好き」

「ありがと。でも私、彼氏と別れたばっかだから、まだ、ごめん」

血の気が引いた。

『もうダメだ、やっぱり直接会って、僕の印象が電話と違ったのだろう、もう、この人と一緒にいたら、ダメだ』

「じゃあ、さ、前の彼氏のこと忘れるまで、待ってるからさ。だから、せめて、キスさせてよ」

「ごめん、それは無理だよ」

僕はお金がなかったから、車の中で背を丸めて、小さく、より小さくと、縮こまり一夜を過ごした。Mちゃんに『明日はひとりで松本城をまわります。変なこと言ってごめんね。さよなら』とひとつだけメッセージを送り、目をぐっと閉じて、寝た。

ゆらゆらゆらゆら僕の心、風に吹かれて
ゆらゆらゆらゆら君の心、はなればなれ
ゆらゆらゆらゆら二人の恋は宙に舞っていく
ゆらゆらゆらゆら綿毛みたいに揺れてる

KANA-BOON:ないものねだり

次の日、さっさとひとりで松本城をまわって、また、8時間かけて東京に帰った。なぜか僕は、車内でサザンオールスターズの『シャララ』を何回も流して、何回も歌った。大声で、半泣きで、歌った。なんでシャララなのか、今でもよく分からない。

だけど、今でもMちゃんのことは、ぼんやりとだけど、好きだ。KANA-BOONのないものねだりも、いまだによく聴く。

6.25歳→ゆらゆら帝国『パーティはやらない』

※iTunesに無かったためYouTubeのリンク貼っときます

当ブログを始めて、ブログ用にTwitterを始めた。Twitter経由でアラサー女子と仲良くなった。Sさんとしよう。きっかけは、僕がブログのことで困っているSさんに、リプを飛ばしたときからだ。

そこから仲良くなって、DM(ダイレクトメール)したり、電話したり。数回、デートもした。

僕はなぜか、Sさんのことをとても信用していた。自分の過去のことや、家族のことや、今までの恋愛のことなんか、友達にも言えないような内容の話を、たくさん話した。なぜ、あんなにいろんな事を話してしまったのだろうか。

流れはよく覚えていないのだが、僕はSさんの思っているような人間ではないし、これ以上仲良くなったって仕方がない、すこし、Sさんの考え方や感情の起伏が重かったからなのか、僕は一度、SさんのTwitterをブロックした。

ブロックしたのはいいが、それでも僕はSさんのことが気になっていた。

Twitterのブロック機能は、ブロックした側は相手のツイートを見ようと思えば、見える仕様になっていた。覗いたら、「わずかな可能性を信じて私は呟きます」なんてことを、書いていた。胸が、痛くなった。素直に謝って、許してもらい、また仲良くなった。

Sさんは音楽が好きだと言っていて、年末にある『カウントダウンジャパン』というフェスに、一緒にいけたらいいですね、なんてことを、どのタイミングかはぜんぜんおぼえていないけれど、そんなことを口にしていた。

地元の仲の良い友達に、前々から「カウントダウンジャパン一緒に行こう」と誘われてはいたのだが、まぁ、まだ先のことだからと、よく考えてはいなかったのだけど、その誘いを断って、Sさんと一緒に行ってもいいと、そんなことをぼんやり考えていた。

Sさんは変わり者だった。そして、性格が悪かった。

それに気が付いたのは、僕がSさんのことを好きになっていると分かった後のことである。

Sさんの顔は正直タイプではないし、音楽の趣味もあまり合わなかった。ただ、話が合うのと、Sさんが優しい人だったから、僕はすこしずつ、惹かれていったんだと思う。

『カウントダウンジャパンのチケットが余ってます。だれかに譲ります』

Sさんは自分のブログに、そう書いていた。Twitter上では、このチケットをオークションに流して、お金にしてもいい、高く売れる、なんてことも書いていた。

僕は訳が分からなくなった。この人はこういうことをして、当て付けで、悦に浸っているのだろうか。それとも、本当に何も考えていないのだろうか。

何もなく、終わりにしたかった。僕は、Sさんに同情する部分が多かったからかもしれない。自分が大人になればいい、我慢しよう、と言いたいことを胸にぐっと留めていた。

でも、やっぱりもやもやして、頭の中でぐるぐるしていた。ちゃんと決着を、つけよう。その思いで、Sさんに電話で、すべて伝えた。好きだということも、チケットのことも。

「気持ちは嬉しいけど、私は、今、結婚相手が欲しいの。チケットなら定価で売ってあげるけど、どうしますか」

その電話が最後だった。お互いに連絡先を消して、Twitterでも今後やりとりをしないと、決めた。

次の日の朝。寝ぼけた頭で会社に行く朝支度をして、家を出る前、まだ起きていない右手で、ぶっきらぼうにイヤホンを耳につっこみ、適当に再生ボタンを押した。ゆらゆら帝国の『パーティはやらない』が流れた。

毒入りリンゴ かわいい彼女
バレないように かじらぬように
寂しい時には くちびる噛んで
バレないように 昨日泣いたこと

ゆらゆら帝国:パーティはやらない

僕はすこしだけ、泣きそうになった。Sさんのことは、今でも、何がしたくて、何がしたかったのか、よく分からない。

おわりに

僕は人付き合いが、あまりうまくない。こと恋愛に関しては、なおさらである。

ただ、すべてのことは経験で、得るものがどこかにきっとある、と勝手に思っている。それらを次の糧にして、前に進んでいこうと、不器用な頭で考える。

音楽を聴きながら、いろいろなことを思い出すと、不思議なことに、気持ちがちょっとだけ軽くなる。これからも、僕は音楽を聴いて、損にも得にもならないことを、つらつらと、つらつらと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
人生うまくいかないことの方が多いけれども、音楽聴いて前向きに。めずらしく自分のことを書いた記事でした。おわり。

 - LIFE, 音楽

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

今だから言える。いじめで友達が壊れちまったときの話をしようか

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今から7, 8年前の話。 …

僕がLINEをやめた日。「LINE疲れ」してませんか?

こんにちは、今年で25歳、ゆとりの申し子okutani(@okutani_t)で …

新卒で入ったIT派遣会社を1年経たずに辞めた話

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事は、僕のここ1年間 …

“たった1つ”の超シンプル禁煙方法。これで僕はノンスモーカーになれた

赤マルとブラックコーヒーで一服するのが好きでした。okutani(@okutan …

空家を片付けてBARを開店しよう〜死んだばあちゃん家に住んでる〜

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。12月に入り、手袋やマフ …

人気イラストレーター『Second MK』さんに絵を描いてもらったよ!

こんにちは、みんなの反面教師okutani(@okutani_t)です。さてさて …

フリーランス前の苦悩と焦燥感を吐き出してみる

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。僕は2016年8月2日か …

銀杏BOYZライブ「東京の銀杏好きの集まり」に行ってきた

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。2016/08/17に中 …

拝啓、仕事を辞めたキミへ

※本記事は以前okutaniが働いていた職場の後輩宛に書いた、手紙のような記事で …

25歳は三十路なの?偉そうに考察してみた

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。突然ですが、みなさんは2 …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。