vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間13万PV〜。

【Rails】「google-analytics-rails」を使ってGoogle Analyticsを利用する方法

      2017/12/10

LINEで送る
Pocket


こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事では「google-analytics-rails」gemを使って、Ruby on RailsでGoogle Analyticsを利用する方法について解説しています。

通常の方法であれば、Google Analyticsの管理画面からトラッキングコードを取得してviewテンプレートに貼り付ければOKです。

今回はgoogle-analytics-rails gemを使って、かんたんにRailsアプリに組み込む方法で紹介しています。

「まだGoogle Analyticsに登録していない」という方は、以下の記事を参考に下準備を終わらせておきましょう。

Google Analyticsの登録&設置方法。サイトのアクセスを解析してみよう!
こんにちは、okutaniです。『Google Analytics』を利用すると、自分のWebサイトの詳し...
2016-01-28 20:54
はてブ

では、google-analytics-rails gemを利用してRuby on RailsにAnalyticsを登録する方法についてみていきましょう。

スポンサーリンク

トラッキングIDの取得

まずは、Google Analytics管理画面からトラッキングIDを取得します。

LINKGoogle アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

「管理」→「トラッキング情報」→「トラッキング コード」からトラッキングIDをメモします。

このトラッキングIDを、Ruby on Railsで読み込むように設定していきます。

google-analytics-railsの導入

gemで利用できる「google-analytics-rails」を使って、Google Analyticsを利用できるようにします。

Gemfileに以下を追記。

gem 'google-analytics-rails'

インストールを実行。今回はプロジェクト直下に導入。

$ bundle install --path vendor/bundle

これでgoogle-analytics-railsが利用できるようになりました。

トラッキングIDの埋め込み

「config/environments/production.rb」に、先ほどメモしたトラッキングIDを記述します。

# Use Google Analytics tracking ID
GA.tracker = 'UA-xxxxxx-x'

設定したトラッキングIDをヘッドで読み込めるように、「app/views/layout/application.html.erb」のheadの中に以下を記述。

<%= analytics_init if Rails.env.production? %>

これで、本番環境時にだけGoogle Analyticsのトラッキングコードを埋め込んでくれます。便利ですね。

あとはRailsアプリをデプロイ後、適切にGoogle Analyticsでアクセス解析ができていればOKです。

まとめ

本記事ではRuby on Railsで作成したアプリに、google-analytics-railsというgemを使ってかんたんにGoogle Analyticsを利用できるようにしました。

gemを使った方がスマートですし、導入もかんたんにおこなえるようになって便利ですね。

Railsアプリ開発者の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
サイト運営時にはGoogle Analyticsの利用は必須ですね。どのくらいアクセスがあるのかをただただ眺めるだけでも楽しいです(`・ω・´)

 - Googleサービス, Ruby on Rails

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。