vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間13万PV〜。

Vagrantを使ってみよう!Boxの取得から起動・停止・削除まで

      2017/01/31

LINEで送る
Pocket

mac-intr-vagrant-virtualbox

  1. Macに『Vagrant + VirtualBox』を導入する手順
  2. Windowsローカル開発環境を『Vagrant + VirtualBox』で作ってみよう
  3. Vagrantを使ってみよう!Boxの取得から起動・停止・削除まで <- 本記事
  4. 『Vagrant Cloud』を利用してVagrantのBoxを追加してみよう
  5. Vagrantで仮想マシンに接続&Webサーバを立ち上げてみよう
  6. Vagrantで作成した環境を「コピー&配布して他人と共有する」方法
  7. 『Vagrant+VCCW』でWordPressローカル環境を構築してみよう
  8. 本番環境のWordPressサイトを『VCCW+WordMove』でローカルと同期!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WindowsやMacのローカル開発環境の導入には、よくXAMPPやMAMPが使われていますね。

今回は、最近流行りのローカル開発環境を簡単に作成&削除がおこなえる「Vagrant」の使い方を説明していきます。

VagrantとVirtualBoxのインストールが済んでいない方は、上記Seriesリンクから参考ページを見てみてください。

また、本記事はドットインストールの動画を参考にしています。そちらも合わせてご覧頂くと理解がよりスムーズになるかと思います。

参考Vagrant入門 (全13回) – プログラミングならドットインストール

では、さっそくVagrantを利用していきましょう。

※現在はVagrant Cloudを使ったBoxの追加方法が主流のようです。本記事の方法でもBoxを追加できますが、Vagrant Cloudを使った方法は下記記事を参考にしてください。

『Vagrant Cloud』を利用してVagrantのBoxを追加してみよう
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Vagrant1.5以降では「Vagrant Cl...
2016-02-09 17:46
はてブ

スポンサーリンク

Boxの取得とインストール

Boxは仮想マシンのテンプレートのことです。

このテンプレートを使うことで、かんたんに仮想マシンが作成できます。

下記URLから様々なOSのBOXを取得することができます。今回は「Cent OS 6.4 64bit」をインストールしていきましょう。

LINKA list of base boxes for Vagrant – Vagrantbox.es

vagrant-start

CopyをクリックするとURLをコピーできますので、下記の形でターミナルからインストールします。

$ vagrant box add [使うboxの名前] [コピーしたURL]

boxの名前は自由に付けられます。今回はboxの名前をcentos64としてインストールしました。

$ vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20131103.box

インストールには少し時間がかかります(私の場合10分ほどかかりました)。実行すると下記のようにインストールが始まります。

vagrant-start2

インストールが完了したら、ターミナルから確認してみましょう。

$ vagrant box list
centos64 (virtualbox, 0)

無事インストールできました。

ちなみにインストールしたBoxは、ホームディレクトリの「.vagrant.d/boxes」に置かれます。

$ cd ~/.vagrant.d/boxes
$ ls
centos64

Boxを使って仮想マシンを初期化する

このBoxを使って仮想マシンを立ち上げますが、仮想マシン毎にディレクトリを作成します。今回、ホームディレクトリに「Vagrant/myCentOSVM」とディレクトリを作成して、myCentOSVMディレクトリ内で初期化をおこないました。

$ cd ~/Vagrant/myCentOSVM
$ vagrant init centos64

初期化は「vagrant init [boxの名前]」と入力します。初期化をおこなうとディレクトリ内に「Vagrantfile」が作成されます。

Vagrantの基本的な使い方

では、Vagrantの使い方について見ていきましょう。

仮想マシンを立ち上げる

初期化をおこなったディレクトリ内で、下記コマンドを入力すると仮想マシンが立ち上がります。

$ vagrant up

実行後、起動した仮想マシンはVirtualBoxで確認できます。

vagrant-start4

無事に仮想マシンが立ち上がっているのが確認できます。

仮想マシンの状態を確認する

仮想マシンの状態を確認するには下記コマンドを入力します。

$ vagrant status

vagrant-start5

ターミナルからも仮想マシンが稼働中、ということが確認できました。

仮想マシンを終了する

終了は下記コマンドでおこなえます。

$ vagrant halt

vagrant-start6

終了後は前述の「vagrant up」から起動しなおせます。

以上の手順でBoxの追加、仮想マシンの起動と停止ができました。

仮想マシンの削除

仮想マシンの削除は

$ vagrant destroy

とすると仮想マシンを削除することができます。

実は仮想マシンが削除されるだけで、Box自体は削除されません。このように気軽に初期化できるため、自由に仮想マシンをいじることができますね。

Vagrantの基本的な使い方は以上です。お疲れ様でした。

まとめ

vagrantbox.esからCentOS以外にDebianやUbuntuなども導入することができます。

Boxは使い回しができるので同じBoxから複数の仮想マシンを立ち上げることができます。

また、仮想マシンを操作するコマンドは、仮想マシンを初期化したディレクトリ上で入力しましょう。

  1. Macに『Vagrant + VirtualBox』を導入する手順
  2. Windowsローカル開発環境を『Vagrant + VirtualBox』で作ってみよう
  3. Vagrantを使ってみよう!Boxの取得から起動・停止・削除まで <- 本記事
  4. 『Vagrant Cloud』を利用してVagrantのBoxを追加してみよう
  5. Vagrantで仮想マシンに接続&Webサーバを立ち上げてみよう
  6. Vagrantで作成した環境を「コピー&配布して他人と共有する」方法
  7. 『Vagrant+VCCW』でWordPressローカル環境を構築してみよう
  8. 本番環境のWordPressサイトを『VCCW+WordMove』でローカルと同期!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
他のLinux系OSが簡単に利用できるので、Vagrantはとても便利ですね。サーバーを構築するのにぜひ利用してみてください。

 - Vagrant

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

『Vagrant+VCCW』でWordPressローカル環境を構築してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。お店のサイトやブログなん …

本番環境のWordPressサイトを『VCCW+WordMove』でローカルと同期!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。VCCWを使うとWord …

『Vagrant Cloud』を利用してVagrantのBoxを追加してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Vagrant1.5以降 …

Macに『Vagrant + VirtualBox』を導入する手順

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Macにローカル開発環境 …

Windowsローカル開発環境を『Vagrant + VirtualBox』で作ってみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事では『Vagran …

VagrantのBOXを「複製&配布して他人と共有する」方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Vagrantで作った環 …

Vagrantで仮想マシンに接続&Webサーバを立ち上げてみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。ローカル開発環境の構築に …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。