vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです

下北沢と希薄さと

   

LINEで送る
Pocket


30分。その人は家で寝ていたらしい。

好印象だった。

下北沢の夜。

僕はその人がくるまで、ゆっくりと一人で下北沢の街を散歩することにした。

スポンサーリンク

とある下北沢の夜

下北沢の古着屋たちは、自分が1番輝いているんだと各々が主張し、目一杯のライトアップでキラキラ光っていた。

街を彩るウインドウ。僕はもちろん入る勇気をこれっぽっちも持ち合わせていない。外からチラチラ眺めるだけで十分だった。

僕の好きなアーティストも、こういった店で洋服を買っているのだろうか。もしかしたら、今もこの店にいるかもしれない、そう思うと、すこしだけ嬉しくなった。

でも、ときめきが表に出て、下北沢の街の人や、古着屋の店員さんに後ろ指さされないよう、決して悟られないよう、感情を押し殺し、横目にやりながら通り過ぎる。

街を賑やかす下北沢の飲み屋、テラス席。お酒とタバコを嗜んでいるロックな方々をよく見かけた。腕にはみんなタトゥーが入っていて、30〜50代ぐらいが多かった。どの席もとても楽しそうに談笑している。

なんとなく、自分とは違う世界なのだけど、変な親近感がわいた。僕も30歳を過ぎたら、あんな感じになっているかもしれない。いや、それはないか。

南口のマックの前。その人はかるく頭を下げながら、さらっと現れた。初対面。

ショートカットが似合う黒髪の女性。やっぱり好印象だった。

もともと会う前に、唐揚げとハイボールのお店に行こうと決めていた。

まぁそんな感じだから当たり前のように、予約もなしに、ふらっとお店の前へ。席は空いていて、席につくなりすぐに唐揚げとハイボールを頼んだ。

僕の一つ上の歳のその人は、美大出身で、今はコーディネーターの仕事をしていると話していた。

僕がぜんぜん知らない世界。美大出身の人とちゃんと話す機会も今までの人生でなかった。話すことすべて新鮮だった。

舞台やCMでの仕事の話もたくさんしてくれた。

仕事の話をしてるときに、ときおり見せる笑顔が素敵だった。

まだ二人とも飲み足りなかったので、二軒目へ。

カフェバーと言うのだろうか。間接照明が店内を薄明かりのオレンジ色に染めており、黒いソファーに反射した淡い光が、その人の周りを優しく包んでいた。お洒落なお店だった。

その人は「友達とよくここで深夜にケーキを食べてるんだ」と言っていた。目の前のあなたは、一体どんな友達とここでケーキを食べているんでしょう。ふと想像してみたら、その人とその友達が笑顔で席を囲んでいて、なんだか知らないけど僕もつられて笑顔になった。

その人は赤色のお酒をずっと飲んでいた。あぷりなんちゃら、みたいな名前で、ソーダで割っているお酒らしい。僕はあまりお酒の種類を知らないので、その程度の情報しか頭に残っていないのが残念だ。お酒にもっと詳しくなりたい。

お店の雰囲気も合わさって、その人の年齢が、18歳なのか、はたまた40歳なのか分からないぐらいに、妖艶な空気を纏っていて、一軒目の雰囲気から打って変わって15倍ぐらいにミステリアスさと魅力的さが増していた。

僕はウイスキーのロックを頼んだ。3杯ぐらい飲んだ。

時間はあっという間に過ぎた。僕の終電がなくなった。

別に変なことを考えていたわけじゃないけど、なんとなく、その人ともっと喋りたかった。今思うと、とても迷惑かけていた気がする。

三軒目。その人の行きつけの店へ案内してくれた。

その店は、これぞ下北沢、といった具合の、お店だと知らなければ誰も扉を開けないような、そんな佇まいだった。

店内は湿ったタバコの煙が漂っていて、丁寧にいうとリーズナブルで、味のあるお店だった。すごくワクワクして、ドキドキした。

僕とその人は奥の座敷の席に対面で座った。50歳過ぎぐらいの、まるで深夜トイレに行くぐらいの面持ちで、めんどくさそうに注文を聞きに来る店長であろう男性に、ハイボールを二つ頼んだ。

その人はおもむろにタバコに火をつけた。

今までのお店では吸ってなかったから、それまで僕に遠慮してくれていたんだろう。なんだか申し訳なくなった。

音楽の話をたくさんした。

いろいろ話したけど、星野源の話と、在日ファンクの話が印象に残っている。

SAKEROCK時代の星野源がとても好きで、ライブによく行っていたこと。

ロッキンでトリの在日ファンクを見たとき、隣の高校生が興奮気味に「お姉さんも在日ファンク好きなの?」と話しかけられた話。別のアーティストを見ていた友達と在日ファンクが見たいと一致して、集合した話。

話をしてるときタバコの灰がぽろっと、下に落ちた。

スカートに、5mmぐらいの穴が開いてしまった。

その穴はよく見ると、ハートマークになっていて、なんだかとても可愛らしかった。

今までミステリアスに見えていたその人が、急に、おっちょこちょいな人に見え、僕はすこし可笑しく、一気に距離が近づいた感じがした。

それと同時に、僕はやっぱり、その人に申し訳なく思ってしまった。

希薄

朝が来て、僕らは駅で別れた。

「今度、吉祥寺のラーメン行こう」

なんて話しながら別れた。

なんとなく、僕の頭の中には『希薄』という言葉がよぎっていた。

人と人とは完全には分かり合えない。

ましてや、人間関係の構築なんてめんどうなこと、一生懸命やることがバカらしく、こと初対面の相手ならなおさらだ。

そして、それを理解している自分自身の希薄さも、僕自身、しっかりと気付いている。

お風呂の水に牛乳を一滴。ぽちゃん。

それぐらいの希薄さなんだ。人と人との繋がりなんて。

繋がっているように見えても、気分一つで、あっけなく無くなる。

わりかし、当たり前のことなんだけど。だけど、だけどもさ。

下北沢のキラキラした古着屋に感じたときめきと恥じらい。

お皿に並んだ11個の唐揚げとハイボール。

淡いオレンジ色の光で包まれたその人の横顔。

スカートに空いたいじらしくて可愛らしいハートの穴。

希薄なんて言葉でかんたんに表したくないと思った。

本当はみんな、激情の中に生きているんだ。なのに、僕らはいつも通り、平和を装っている。

出会って、別れる。

その当たり前が、本当は当たり前じゃないことなのに。

家に着いた。

いつも通りの儀式。

死を思い浮かべ、ベッドに潜る。

ぐっと、目を閉じる。

すこしだけ、動悸。

顔が歪む。

飛んだように寝た。

無事に迎えた当たり前の朝をぼんやり見つめる。

「今日も生きてた」

希薄さが薄く湿っていた。

あと何滴垂らしたら、希薄な心は満たされるのだろう。

その日、僕は斉藤和義の「歩いて帰ろう」を100回聴いた。

嘘でごまかして 過ごしてしまえば
頼みもしないのに 同じような朝が来る

歩いて帰ろう / 斉藤和義

これから僕は、下北沢の街に触れるたび、あの人のことを思い出すんだろう。

もうすこしだけ明るくなりたいと思った。

LINEで送る
Pocket

okutani (okutani_t) のヒトコト
久しぶりにエモい記事を書きました。下北沢、良い街ですよね。

 - LIFE

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。