vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間13万PV〜。

EmacsでSSH接続!『tramp』を使ってみよう

   

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutaniです。Emacsには、ローカルのEmacsからサーバーへSSH接続できる『tramp』という機能があります。

このtrampを使うと、サーバー上にあるファイルをサーバー上で直接編集することができて便利です。

このtrampは、最近のEmacsでは標準で入っているため、めんどうなインストールや設定は不要です。私が使っているGNU Emacs 24.5.1には最初からインストールされていました。

なお、本記事ではサーバーにエックスサーバーで使っています。SSHが使えるサーバーであれば、レンタルサーバーでも問題なく動作するかと思います。

ではさっそく、trampを使ってEmacsでSSH接続してみましょう。

スポンサーリンク

Emacs&trampでSSH接続してみよう

Emacsを立ち上げ、「C-x C-f(もしくはM-x find-file)」のあとに「/ssh:username@hostname:path/to/file」などと入力。すぐにtrampで接続できます。

ファイルパスは、ディレクトリを指定すれば「Dired」で開くことも可能です。すごいですね。。

また、ローカルの「~/.ssh/config」の設定も読み込んでくれるため、これを利用すればさらに楽にログインすることができます。

参考エックスサーバーにSSHで接続してみよう! | vdeep

上記の記事と同じ「~/.ssh/config」の設定を載せておきます。

Host xsrv
  HostName サーバーID.xsrv.jp
  Port 10022
  User サーバーID
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

この設定があれば、次のコマンドをtrampで入力するだけで、かんたんにサーバーにログインすることができます。

/ssh:xsrv:

emacs-tramp

上記のように、エックスサーバーのホームディレクトリ上でdiredが開きました。このまま通常どおりEmacsを使ってファイル編集ができます。

また、sshではなくscpを使うと、より高速に処理できるようです。気になる方は試してみてください。

参考Emacs – TRAMPで/ssh:ではなく/scp:を使うようにしたらファイル転送速度が100倍になった – Qiita

参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
ちょっとしたファイル変更などで重宝するかと思います。ほとんど設定もなくて使えるので、とっつきやすくていいですね。

 - Emacs

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

Emacsでhttp.elを使ってGET・POST通信のテストを行う

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。最近、サーバー通信周りを …

Emacs Caskでパッケージ管理をしてみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではEmacsのパ …

[Emacs] web-modeにyasnippetの既存スニペットを適応させる

EmacsでWebサイト構築の際に便利な「web-mode」。特にHTMLにPH …

[Emacs] カラーコードを表示できる「rainbow-mode」を使ってみた

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。私は普段Emacsを使っ …

Emacsにyasnippetを導入&スニペットの登録方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。yasnippetを利用 …

[Mac]HomebrewでEmacs導入&エイリアス設定で起動速度UP

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今回はMacにHomeb …

[Emacs]init-loader.elで設定ファイルを分割管理してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Emacsではemacs …

CentOS7に最新のEmacsを導入する方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。需要があるかどうか分かり …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。