vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです

ロリポップのWordPressデータベースを手動バックアップする方法

   

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。みなさんはWordPressのデータベースのバックアップ、してますか?今回はロリポップのWordPressデータベースを手動でバックアップする方法を本記事で紹介します。

バックアップ以外にも、サーバーの引っ越しなどでデータベースのデータが欲しい場合があるので、手順の流れだけでも頭に入れておくといいですね。

なお、WordPressプラグイン+Dropboxを使った自動バックアップの方法もあるので、興味がある方はこちらの記事も参考にしてください。

LINKWordPress全バックアップを「BackWPup+Dropbox」でおこなう | vdeep

ではさっそくロリポップ管理画面にログインして、WordPressのデータベースをバックアップしてみましょう。

スポンサーリンク

ロリポップのWordPressデータベースをバックアップしてみよう

まずは下記リンクからロリポップ管理画面にログインしましょう。

LINKロリポップ!ユーザー専用ページ

ログイン後、「WEBツール」→「データベース」を選択します。

lolipop-db-backup

バックアップを取りたいデータベース横の「操作する」ボタンをクリック。

lolipop-db-backup2

管理ページ項目内の「phpMyAdminを開く」を選択します。

lolipop-db-backup3

phpMyAdminは、データベースを操作するときに使うWebツールです。ここでphpMyAdminという言葉だけでも覚えておくとよいですね。

ユーザ名」「パスワード」「サーバの選択」から、一つ前の画面に記述されている情報を入力。

入力が済んだら「実行する」ボタンを押します。

lolipop-db-backup4

左のデータベース一覧から、バックアップしたいデータベースを選択しましょう。

lolipop-db-backup5

上部タブから「エクスポート」を選択。デフォルトのままでOKなので、そのまま「実行する」ボタンをクリック。

lolipop-db-backup6

拡張子が「.sql」のファイルが保存されました。この.sqlのファイルが、データベースのバックアップファイルです。

lolipop-db-backup7

なにかデータベースに問題があったとき、このファイルが手元にあればデータを復元することができますね。

まとめ

ロリポップのWordPressデータベースのバックアップ方法について解説しました。

WordPressのデータベースのバックアップは思った以上にかんたんにできるので、「難しそうだから後回しにしよう」と考えずにチャレンジしてみてください。

また、.sqlファイルは外付けHDDなどにコピーしておいて、二重でバックアップしておくとさらに安心ですね。参考になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
「BackWPup+Dropbox」で自動バックアップをおこなう方がいろいろと便利で楽なのですが、手動で取りたい場合もあるかと思ったので記事にしてみました( ´ ▽ ` )ノ

 - WordPress, ロリポップ

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。