vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

空家を片付けてBARを開店しよう〜死んだばあちゃん家に住んでる〜

      2016/02/17

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。12月に入り、手袋やマフラーをタンスの奥から出し始める季節になりました。みなさんの生活はどうでしょうか。

僕は12月4日に、東京都武蔵野市から埼玉県朝霞市へ引っ越しました。今年いっぱいで仕事を辞めることもあり、死んだばあちゃんが住んでいた家に移り住むことに。

今回の記事は、vdeep初の連載記事1つ目。「死んだばあちゃん家を片付けて住もう!」って内容でこれからやってこうかと思います。相変わらず更新頻度は適当ですが、まあ、ゆるーくやってきます。

※まったくと言っていいほど書く意欲が湧かなかったのでこの記事で終わりにしました。ごめんなさい[2016/02/17]

本記事は、「お店だった1階店を片付けてBARを開店させた」って内容です。ではどうぞー。

スポンサーリンク

ばあちゃんちを片付けよう

open-bar-grandmother-house1-1

ばあちゃんが死んでから4年ほど経ちますが、だーれも片付けをしていなかったため、荒れ放題でした。一軒家で3階建てということもあり、遺品整理するにも一苦労。

これは1人じゃ片付け大変だなぁ……

と思ってたところ、友人(今の職場の人)ふたりが片付けを手伝ってくれました。ひとりでやるもんだと思ってたので予想外のことでした。

生活空間だった2階の部屋は僕がちょこちょこ来て片付けていたので、今回は1階の片付けをメインでやることに。

ばあちゃんは、僕が生まれる前に1階でスナックなのかなんなのか、形態は分かりませんがお店をやっていました。

BARカウンターにカラオケ、座敷の席、専用ケースに入った瓶ビール、無駄に多い食器や鍋。

親戚なんかはほとんど片付けをしないもんで、お店は開いていた当時のままだったと思います。

そのほとんどがホコリまみれです。

open-bar-grandmother-house1-2

こんな感じで、動かない電子機器をとりあえず1階に置いていたみたいで、粗大ゴミの数もたくさん。

そんな話を会社で何気なくしていて、ふたりが「片付け手伝うよ」って言ってくれて、一緒に片付けをする流れに。土曜の休日を丸1日使って、片付けを手伝ってくれました。

お昼過ぎぐらいに家に来て、ゴミを手分けして捨てていきます。

これはいる、これはいらない、これは燃えるゴミ、燃えないゴミ……

ゴミ袋にまとめて、ぽいぽいっと外に。

open-bar-grandmother-house1-3

出るわ出るわ、ゴミの山

気がついたらあっという間に家の前がゴミで埋まってしまいました。

5時間ぐらい作業を進めて、やっと、片付けの終わりが見えてきました。

BARを開店させてたこ焼きパーティーをしよう

机を拭いて、床を掃いて、部屋はだいぶ綺麗になりました。

3人で買い出しにでかけて、お酒やらなんやらいろいろ買います。

同期が持ってきた「たこ焼き機」でたこ焼きを作りながら、ビールで乾杯。

open-bar-grandmother-house1-4

こうやって並べるとBARっぽいですね。

open-bar-grandmother-house1-5

タコ以外にもいろいろ入れてみました。チーズとサラミが美味しかった。

open-bar-grandmother-house1-6

ひとりだったら片付けもそうとう時間がかかっただろうし、こうやってみんなでたこ焼きパーティーもできなかったでしょう。ふたりには感謝です。

僕は飲食店の資格を持っていないので、本当にBARを開店することはできません。ですが、こうやって人を呼んでお酒飲んだり、ほにゃららパーティーなんてことをしていきたいですね。

これで1階は片付いてすっきりしました。いやー、よかった、よかった。ばあちゃんも喜んでるかなぁー。

これからのこと

これからは、生活のメインである2階の部屋をどんどん片付けていきます。

それ以外には、

  • BARに置くお酒のバリエーションを増やす
  • お酒作るセット(シェーカー?)を買う
  • トイレの壁紙の張り替え
  • 部屋の壁紙の張り替え
  • タンスやブラウン管TVなどの大きいゴミを廃棄する

などなどやっていこうかと。大変だけど、なぜだかすこし楽しみですね。

空き家を片付けて感じたこと

open-bar-grandmother-house1-7

ばあちゃん家を片付けて思ったのは「遺品整理は最後までやるべき」だということです。

ばあちゃんが亡くなってから、1週間ほど片付けで家にひとりで泊まっていた期間があったのですが、結局それだけの期間では全ての片付けは終わらずじまいでした。

生活してた2階だけは綺麗になったし、いいか」なんて思って、ぼんやり過ごしていたのですが、やはり心のどこかでつっかかるところがあったんですね。

ばあちゃんは若いころに旦那さん(僕のじいちゃん)を亡くして、それからずっとひとりでした。

僕は「ばあちゃんはひとりだから、俺がたまに見にいってやらないとなー」なんて考えで、中学、高校、大学にあがってもひとりで遊びに行ってました。ばあちゃんが亡くなる前、ガンが進行して歩けなくなってからめんどうみてたのも、ほとんど僕だけだったし。

亡くなって4年経った今、ばあちゃんと過ごした家でひとり生活しているのはなんか不思議な感じですが、家をぜーんぶ綺麗にして、もうすこしいろいろなものと向き合っていこう、と思っております。

またゆるーく更新していきますので、これからもよろしくお願いします。

ではまた次の片付けで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
3階建てに1人で住んでると、けっこう怖いですね。物音ひとつで、「あれ、下に誰かいる...?」って考えてうわぁぁあ。

 - LIFE

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

今だから言える。いじめで友達が壊れちまったときの話をしようか

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今から7, 8年前の話。 …

25歳は三十路なの?偉そうに考察してみた

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。突然ですが、みなさんは2 …

死にたい気持ちでいるキミへ「前向きになれる言葉」6+1選

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。私事ではありますが、この …

僕の女性遍歴と音楽についての記録的ななにか

はろーはろー。今回の記事は、完全なるokutani(@okutani_t)の自己 …

僕がLINEをやめた日。「LINE疲れ」してませんか?

こんにちは、今年で25歳、ゆとりの申し子okutani(@okutani_t)で …

“たった1つ”の超シンプル禁煙方法。これで僕はノンスモーカーになれた

赤マルとブラックコーヒーで一服するのが好きでした。okutani(@okutan …

拝啓、仕事を辞めたキミへ

※本記事は以前okutaniが働いていた職場の後輩宛に書いた、手紙のような記事で …

人気イラストレーター『Second MK』さんに絵を描いてもらったよ!

こんにちは、みんなの反面教師okutani(@okutani_t)です。さてさて …

新卒で入ったIT派遣会社を1年経たずに辞めた話

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事は、僕のここ1年間 …

アラサー女が結婚できない7つの理由

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。勘違いされないように、は …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。