vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです

複数バージョンのXcodeを入れる方法。ダウングレードは不要です

      2017/01/31

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Xcodeは1つのMacPCに複数のバージョンを導入することができます。ダウングレードするためにXcodeをわざわざ削除する必要はありません。

今回は、Xcode6.1と6.3を共存させてみました。その方法を説明していきます。

スポンサーリンク

過去のXcodeをダウンロードする

下記ページから過去のバージョンのXcodeをダウンロードしていきます。

LINKApple Developer Downloads

Apple Developerにログイン

Apple IDでApple Developerにログインします。

xcode-multi-version

上のチェックで同意。下のチェックはAppleからメール受け取るかどうか。一通り目を通したあと「Agree」を選択。

xcode-multi-version2

以前のバージョンのXcodeを取得

「Dev Centers」中の「Mac」を選択。

xcode-multi-version3

少しスクロールして「View all downloads」を選択。

xcode-multi-version4

欲しいバージョンで検索。選択して.dmgファイルを取得。ダウンロードされます。

xcode-multi-version5

dmgファイルの展開とリネーム

ダウンロードしたら.dmgファイルを展開して.appファイルを取得。Xcode6.1.appとリネームしておきます。

xcode-multi-version6

アプリケーションに追加

Xcode6.1appをアプリケーションフォルダへ追加するだけで、現在のバージョンと競合せずに利用できます。現在入れているXcode.appをXcode6.3.appにリネームしておきましょう。

これで複数のXcodeを1つのPCで利用できるようになりました。

ターミナル利用時の切り替えコマンド

また、ターミナルで利用することがある場合は、下記コマンドをターミナルから実行。利用するXcodeのバージョンが切り替わります。

$ sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode6.1.app/Contents/Developer/

パスワードを聞かれるので入力。

xcode-multi-version7

これでバージョンが切り替わりました。

任意のバージョンでプロジェクトを開く

開きたいプロジェクトを右クリック→Xcode6.1を選択。

xcode-multi-version8

かんたんにXcodeのバージョンを切り替えられました。

複数の開発環境が欲しいときに試してみてください。

LINEで送る
Pocket

okutani (okutani_t) のヒトコト
最新版のXcodeを入れて、うまく動かなかったー、なんてときにどうぞ。iOSアプリ開発は初心者なので頑張ります。

 - iOSアプリ開発, Mac

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。