vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間13万PV〜。

WordPressのSEO対策定番プラグイン「All in One SEO Pack」導入手順

      2015/10/11

LINEで送る
Pocket

wp-all-in-one-seo1
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでサイトを立ち上げる際に、SEO関連の設定を一括で行えるプラグインが「All in One SEO Pack」です。

このプラグインを使って適切な設定をおこなうことで、Google等の検索で自分のサイト記事を上位に表示することができます。それ以外にも様々な便利設定を加えることができる、とってもオススメのプラグインです。

では、さっそくAll in One SEO PackをWordPressに導入してみましょう。

スポンサーリンク

All in One SEO Packの導入

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択。

wp-plugin-install

画面右の検索バーで「All in One SEO Pack」と検索、「いますぐインストール」。

all-in-one-seo-pack1

これでAll in One SEO Packが導入されました。

インストール終了画面下に「プラグインを有効化」をクリックして有効化しておきましょう。

all-in-one-seo-pack2

基本設定をおこなう

ダッシュボードに「All in One SEO」という項目が追加されています。その中の「General Settings」を選択。

all-in-one-seo-pack3

Home Page Settinngs

少し下にスクロールすると、「Home Page Settinngs」という項目があります。

それぞれの入力欄に「サイトの名前」「サイトの紹介文」「サイトの内容に関連したキーワード」を記述します。

all-in-one-seo-pack4

サイトの紹介文とホームキーワードには、検索でヒットして欲しい言葉を選んで入力しましょう。ホームキーワードは「mac,iphone」のようにコンマで区切って入力します。

Keyword Settings

次に「Keyword Settings」の設定をおこないます。

Use keywords」の利用をチェック、それ以外のチェックは外しておきます。こうすることで記事の検索キーワードを自分で設定できるようになります。

all-in-one-seo-pack5

Title Settings

「Title Settings」の設定。

タイトルを書き換える」を利用停止に、それ以外のチェックを外します。この項目では、Googleの検索結果ページに表示されるタイトル文字を設定することができるのですが、Google側が自動でタイトルを調整しているようなのでスルーでOK。

all-in-one-seo-pack6

Custom Post Type Settings

次は「Custom Post Type Settings」の設定をおこないます。

カスタム投稿とは、通常の投稿とは別に自分で投稿をカスタマイズできる仕組みです。ここでは下記のように設定しました。

all-in-one-seo-pack7

Webmaster Verification

「Webmaster Verification」の設定。

Googleのウェブマスターツール設定は、ウェブマスターツールに登録していない方はスキップしてください。

ウェブマスターツールの初期設定が済んでいる方は、ウェブマスターツール管理画面から「サイトを追加」→管理するサイトのURLを入力します。

その後、「別の方法」→「HTMLタグ」を指定し、contet=“xxx”のダブルクォーテーションで囲まれたコードを「Google Webmaster Tools」に貼り付けます。

all-in-one-seo-pack8
all-in-one-seo-pack9

同じく、項目内にあるGoogle Analyticsの設定をおこないます。Google Analyticsを導入してない方はスキップしてください。

「GoogleアナリティクスID(UA-~~~の形)」にアナリティクスIDを入力後、「Connect With Google Analytics」をクリックします。

all-in-one-seo-pack11

本記事では紹介しませんが、Google Analyticsを導入することで詳しいアクセス解析が使えて便利です。興味がある方は「Google Analytics 導入」などで調べてみましょう。

Noindex Settings

最後に「Noindex Settings」の設定をおこないます。

ここでは「カテゴリーをnoindexにする」のチェックを外しておきましょう。チェックを外すことで、カテゴリーページが検索に引っかかるようになります。

all-in-one-seo-pack12

カテゴリーページは検索にひっかかるようにしておくと、サイト全体に良い影響が出てオススメです。参考にしてください。

以上でAll in One SEO Packの基本的な設定は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

All in One SEO Packを導入することで、検索エンジンが適切に自分のサイトを評価してくれるようになります。

記事の投稿画面に「Description」や「Keywords」が任意で設定できるようになっていますので、確認してみてください。

関連

All in One SEO PackのXML Sitemapで最低限行うべき設定項目
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでサイトを立ち上げる際に、SEO...
2015-03-04 02:37
はてブ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
最初は設定するのが大変ですが、時間をかけてサイトを育てる感覚で設定を行っていけば、どんどんサイトに愛着が湧きますね。サイト構築頑張っていきましょう。

 - WordPressプラグイン

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

▼格安のWebサイト制作はじめました▼

格安のWebサイト制作
Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

WordPress Popular Postsで人気記事一覧を設置&CSS装飾

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。 ブログのサイドバーに「 …

WordPressのサイトマップを「PS Auto Sitemap」で作成してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトマップとは、サイト …

DISQUSでWordPressのコメント欄をパワーアップしよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressサイト …

[WordPress]お問い合わせフォームを「Contact Form 7」で作成する

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトを運営していて必要 …

[WordPress] 画像をあとから読み込んで表示速度アップ!「Lazy Load」プラグイン

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。皆さんはブログ記事を書く …

All in One SEO PackでSNSのシェア設定をおこなう

vdeep管理人okutani(@okutani_t)です。WordPressで …

WordPressに「AddQuicktag」を導入してタグ入力を楽チンに!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressで記事 …

[WordPress]『Better Delete Revision』で不要なリビジョンを削除しよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressで記事 …

[WordPress] ソースコードを綺麗に表示!SyntaxHighlighter Evolvedプラグイン導入

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressにソー …

WordPress全バックアップを「BackWPup+Dropbox」で行う

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。みなさんはWordPre …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。