vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間13万PV〜。

[WordPress]サーバーの引越し手順まとめ。ロリポップ→さくらレンタルサーバー編

      2017/01/31

LINEで送る
Pocket

server-move-loli-sakura
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。当ブログvdeepを始めたばかりのころ、レンタルサーバーはロリポップを使っていました。

月額250円のロリポプランを使っていましたが、速度が遅かったのもあり、月額500円のチカッパプランにグレードアップしました。

しかし、丁度のタイミングで、vccwというローカルでWordPressを管理できる便利ツールを知りました。本記事の趣旨から外れるのでvccwの説明はここではしませんが、気になる人はvccwで調べてみてください。とても素晴らしいツールです。

残念ながら、ロリポではMySQLのバージョンの関係でうまく使えなかったため、vccwが使えて評判の良いサーバーを探していたところ、さくらレンタルサーバーを見つけました。

vccwをすごく押していますが、もちろん、vccwを使わずに使っている個人ブロガーさんもたくさんいます。

さくらのVPSやクラウドなどは大手企業でも多く採用されていますし、さくらインターネットの信頼度はかなり高いですね。利用している現在も、かなり安定して動作していて、お気に入りです。

本記事では、『ロリポップのチカッパプラン』→『さくらのスタンダードプラン』への引越し手順を紹介しています。ドメインはムームードメインで管理しています。

そのときの引越し手順を自分なりにまとめてみましたので、サーバー引越しの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

引越し手順の確認

引越しは次の手順で行っていきます。

  • 1. ロリポップのサーバーからWordPressのデータ(設定ファイル群とデータベース)をPCにダウンロード
  • 2. さくらサーバーにWordPressのデータをアップロード
  • ※この時点で、ドメインはまだロリポップに設定されています。さくらサーバーの設定やアップロードが失敗しても、サイトが見れなくなることはないので安心してください。

  • 3. ドメイン(〇〇.net等)をロリポップからさくらレンタルサーバーに移して引越し完了

手順はそれほど多くないですが、初めて引越し作業をおこなう方は、むずかしく感じるかと思います。ゆっくり、ひとつひとつ確認しながら作業しましょう。

では、さっそく引越し作業を進めていきましょう。

ロリポップからWordPressデータをPCにダウンロード

まずはWordPressサイトのデータを、お使いのPCにダウンロードしていきます。

WordPressの構成は、本体の「設定ファイル(群)」と「データベース」のふたつを組み合わせてできています。次の手順で、そのふたつをPCにダウンロードしましょう。

設定ファイルをダウンロードするには「FTPソフト」といわれるツールを使えばOKです。代表的なものでは、FFFTP、FileZilla、Cyberduckなどがあります。

WindowsユーザーならFFFTP、MacユーザーならFileZillaやCyberduck等を使っておけば、間違いはないです。

FTPソフトを使う場合、下記記事が参考になるかと思います。

参考初心者さんに、FTPソフト、結局何に使うのか?…わかりません♪って、あなたの為の理解の始まりページ | ビバ★りずむ

また、ロリポップ公式サイトでは、FTPの使い方がわかりやすく説明されています。FTPソフトを使わず、ロリポップ管理画面からもFTPを利用することができる、親切な機能も提供されています。

参考各種FTPソフトの設定方法 – レンタルサーバーならロリポップ!

FTPソフト、ロリポップ管理画面のFTP、どちらを使ってもOKです。FTPの使い方がよく分からないよ、という方は上記の参考サイトをみて設定してみてください。

FTPソフトで設定ファイルを全てダウンロードする

今回は、FTPソフトのFileZillaを使って、WordPressの設定ファイルを全てダウンロードしました。

ダウンロードする設定ファイルは、WordPressインストール時に指定したフォルダに全て入っています。中身を覗いてみて「wp-content」や「wp-includes」等が入っているか確認してみましょう。

それらのファイルが確認できたら、WordPressインストール時に指定したフォルダを「右クリック」→「ダウンロード」でPCにダウンロードしましょう。一度で全てダウンロードできるので楽ちんです。

server-move-loli-sakura

ファイルのサイズや通信環境によってダウンロードに少々時間がかかるので、ネット環境が安定している場所でおこないましょう。

設定ファイルのダウンロードが完了したら、次はデータベースをダウンロードしていきます。

データベースをダウンロードする

データベースは、ロリポップの管理ページからダウンロードできます。下記リンクから管理ページにログインしましょう。

LINKロリポップ!ユーザー専用ページ

管理ページにログインしたら、「WEBツール」→「データベース」を選択して、データベース管理画面を開きます。

server-move-loli-sakura2

ダウンロードしたいデータベースの右側にある「操作する」ボタンをクリック。

server-move-loli-sakura3

管理ページ欄の「phpMyAdminを開く」を選択します。phpMyAdminは、Web上でデータベースを操作できるツールです。ここで、phpMyAdmin名前だけでも覚えておくと良いですね。データベースを扱う時は大抵、このphpMyAdminを利用します。

「ユーザ名」「パスワード」「サーバー」の情報を次の画面で利用するので、メモしておきましょう。

server-move-loli-sakura4

メモした「ユーザ名」「パスワード」「サーバの選択」の情報を入力して「実行する」をクリック。

server-move-loli-sakura5

phpMyAdminにアクセスができました。左側に並んでいるデータベース一覧から、保存したいデータベースを選択しましょう。

選択したあと、メイン画面の上部タブの「エクスポート」をクリックします。

server-move-loli-sakura6

エクスポート方法を「詳細」にします。

その下のテーブルから、ダウンロードするデータを選択します。データが重い場合、エラーを起こす場合があるので、そのさいは小分けしてダウンロードしましょう。「wp_posts」は特に重いので注意が必要です。

ファイルの文字セットは「utf-8」、圧縮は好みで選択してOKです。今回はそのまま「なし」で進めました。

server-move-loli-sakura7

次に生成オプションの選択。全ての項目を選択しておきましょう。

server-move-loli-sakura8

上記の設定が済んだら、一番下にある「実行する」ボタンをクリック。データベースのダウンロードが開始されます。

server-move-loli-sakura9

無事にデータベースがダウンロードできました。これでサーバー引越しに必要なデータが全て揃いました。

次からは、さくらサーバー側の設定を行っていきます。今回はすでに、さくらサーバーに登録済みとして話を進めていきます。

さくらサーバーにデータベースをインポートする

さきほどPCに保存したデータベースを、さくらサーバーにインポート(アップロード)しましょう。さくらサーバーの管理画面(コントロールパネル)から「データベースの設定」を選択します。

LINKさくらインターネットサーバコントロールパネル

server-move-loli-sakura10

「データベースの新規作成」をクリック。

server-move-loli-sakura11

それぞれ項目を埋めていきましょう。文字コードは「UTF-8」を選択しましょう。入力が済んだら「データベースを作成する」を選択します。

server-move-loli-sakura12

「管理ツールログイン」からphpMyAdminにログインしましょう。ログイン情報は同じ画面上にあるので、そちらを使ってログインしてください。さきほど作成したデータベース名を選択し、「インポート」をクリック。

server-move-loli-sakura13

インポートするファイルから「ファイルを選択」をクリックして、読み込みたいデータベースを選択します。文字セットが「utf8」になっていることを確認します。選択したら右下の「実行する」ボタンをクリック。

server-move-loli-sakura14

これでWordPressのデータベースをインポートできました。

次に、WordPressの設定ファイルをさくらサーバーにアップロードしていきます。その前に、ダウンロードしたWordPressサイトの一番上の階層にある「wp-config.php」という名前のファイルを少し編集します。

このファイルをさくらサーバーの情報に書き換えないと、WordPressの設定ファイルがデータベースをみつけられないため、この設定は必ずおこなう必要があります。

wp-config.phpの書き換え

お使いのエディター(メモ帳等でOK)でwp-config.phpを開き、該当箇所を以下のように書き換えます。

server-move-loli-sakura15

これらの情報はほとんど、phpMyAdminのログイン時に使った情報ですね。ちなみに、データベースのホスト名は「mysql◯◯.db.sakura.ne.jp」のような形になっているかと思います。

これで、WordPressサイトとさくらデータベースのヒモ付ができました。

さくらサーバーにWordPressファイルをアップロード

では、ダウンロードしたWordPressサイトのファイルを、さくらサーバーにアップロードしましょう。

さくらサーバーでも、ロリポップと同じくWeb上でFTPが利用できます。詳しくは下記参考をご覧ください。

参考ホームページを公開しよう!|さくらインターネット公式サポートサイト

今回はロリポップの時と同じく、FileZillaを使ってアップロードをおこないました。

server-move-loli-sakura16

ちなみに、アップロードしたフォルダの名前を、ドメインの設定時に使います。メモしておくと良いです。今の時点で、わかりやすい名前に付け直すこともできますので、名前を変えたいと思う方はここでリネームしておきましょう。

さくらサーバー上の、WordPress設定ファイルの配置は次のようになっていればOKです。

/home/アカウント名/www/WordPress設定ファイルのフォルダ名/

これで、WordPressに必要なデータをさくらサーバーに全てアップロードできました。

次は、ドメインの引越し作業を行っていきましょう。

さくらサーバーにドメインを設定

ロリポップに設定されているドメインを、さくらサーバーに移していきます。

さくらサーバーの管理画面(コントロールパネル)にログイン後、「ドメイン設定」を選択。

server-move-loli-sakura17

「新しいドメインの追加」を選択します。

server-move-loli-sakura18

今回、ドメインはムームードメインで管理しているので、5番の「他社で取得したドメインを移管せずに使う」を利用します。「ドメインの追加へ進む」を選択しましょう。

server-move-loli-sakura19

ドメイン名を入力します。入力が済んだら「送信する」ボタンをクリック。

server-move-loli-sakura20

ドメインの追加が完了しました。「詳細設定にすすむ」を選択します。

server-move-loli-sakura21

「マルチドメインの対象のフォルダを指定」に、さきほどアップロードしたWordPress設定ファイルがあるフォルダ名を入力します。FTPでアップロードしたときのフォルダの名前ですね。

server-move-loli-sakura22

入力が済んだら、下にスクロールし「送信」ボタンをクリックします。これでさくらサーバー側の設定は終了です。

次はムームードメイン側で設定をしていくのですが、その前にさくらサーバーのIPアドレスを設定で使うので、メモしておきましょう。さくらのコントロールパネルから「サーバ情報の表示」→「サーバに関する情報」を選択します。

server-move-loli-sakura23

サーバに関する情報の「IPアドレス」欄の上にある数字列をメモします。

server-move-loli-sakura24

では、最後にムームードメイン側の作業を行っていきましょう。

ムームードメインでさくらサーバーの情報を設定する

ムームードメインにログインして、ドメイン設定を行っていきます。

LINKコントロールパネル | ムームードメイン

ドメイン管理の「ムームーDNS」を選択、設定したいドメインの「変更」をクリックします。

server-move-loli-sakura25

設定2にある「入力欄を追加」を一度クリック。その後、「サブドメイン」No1は未入力、No2に「www」と入力します。

種別は両方「A」を選択。内容に、さきほど調べたさくらサーバーのIPアドレスをそれぞれ入力します。入力が済んだら「セットアップ情報変更」をクリック。

server-move-loli-sakura26

これで全てのドメイン設定が完了しました。反映されるまで少し時間がかかるので、コーヒーとか黒糖ミルクコーヒーとか飲んでまったり待っていましょう。

無事に引越しできたか確認する

サーバーが切り替わっているか確認できる便利なWebツールがあるので、そちらを使って引越しが完了したか確認してみましょう。下記のサイトでドメインを入力してみてください。

LINKSEOチェキ! 無料で使えるSEOツール

server-move-loli-sakura27

サーバー・ドメインの欄に「さくらインターネット」と表記してあり、無事にサーバーの引っ越しが完了していることが確認できました。

ロリポップからさくらサーバーへの引越し作業は以上で全て完了です。お疲れ様でした。

まとめ

今回はロリポップからさくらサーバーの引っ越し手順を紹介しました。

大体のサーバー引越し作業は、「FTPで設定ファイルをダウンロード」→「データベースのダウンロード」→「新サーバーにデータをアップロード」→「ドメインの設定」の流れが一般的です。なので、ロリポップやさくらサーバー以外のサーバーを使っている人も、参考になるかと思います。

なお、全ての手順が終了した後、ドメインがきちんと切り替わっているのを確認してから、ロリポップの契約を解除するようにしましょう。引越しがちゃんと行えていない状態で契約を解除すると、最悪全てのサイトデータが飛んでしまうことも。

サーバー引越を検討している方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
サーバーの引っ越し作業は結構めんどうですよね。それに何回も行うことでもないので、時間があるときにゆっくり行うのがオススメです。

 - さくらサーバー, ムームードメイン, ロリポップ

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

さくらのレンタルサーバーをスタンダードプランで契約してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。レンタルサーバーを利用す …

FTPソフトを使ってさくらレンタルサーバーに接続してみよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではさくらレンタル …

『さくらレンタルサーバー+ムームードメイン』で独自ドメインを設定

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今回は「ムームードメイン …

さくらのVPSにCentOS7を導入する方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではさくらのVPS …

『さくらのVPS+ムームードメイン』〜独自ドメインを利用する方法〜

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事では、ムームードメ …

ロリポップにWordPress導入&ムームードメインの独自ドメインを設定する

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事では、「ロリポップ …

ロリポップのWordPressデータベースを手動バックアップする方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。みなさんはWordPre …

さくらサーバーの初期ドメインへのアクセスを無効にする方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。さくらサーバーでは登録時 …

『ムームードメイン + エックスサーバー』で独自ドメインを利用する方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今回はムームードメインで …

さくらレンタルサーバーにSSH&公開鍵で接続してみよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。さくらインターネットのレ …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。