vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

さくらのレンタルサーバーをスタンダードプランで契約してみよう

      2015/12/29

LINEで送る
Pocket

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。レンタルサーバーを利用することで、広告がない自分専用のWEBサイトを作ったり、ちょっとしたファイルの置き場所なんかに使えて便利ですね。

私は簡単にサイトが作れるアプリケーションWordPressをレンタルサーバーで利用しています。サイト運営者で「まず初めにWordPressを使ってみる」という方は多いのではないでしょうか。

料金はレンタルサーバーの会社やプランによって違いますが、安いもので月額数百円から始めることができますね。

今回は、人気のさくらインターネットのレンタルサーバーを契約するまでを説明します。プランは低価格なのに多機能な、スタンダードプランを選択しました。

ではさっそくプランの概要から見ていきましょう。

スポンサーリンク

さくらレンタルサーバーのプラン選び

公式サイトは下記からアクセスできます。

LINKレンタルサーバー|さくらインターネット – 無料お試し実施中

上記へアクセスすると、TOPページにプランの一覧が確認できます。

sakura-server

もし複数のサイトや、アクセス数が多くなるかわからない初心者の方は「ライトプラン」でも十分かと思いますが、実は、このライトプランではWordPressが導入できません

もし、もう少し安いレンタルサーバーでWordPressを使いたい方は「ロリポップ!レンタルサーバー」の「ロリポプラン」がおすすめです。

ちなみに当ブログは「さくらのスタンダードプラン」を使って運営しています。参考にしてください。

スタンダードプランの機能

では、スタンダードプランの機能を簡単に見ていきましょう。

先ほどのプラン一覧から「スタンダードプランの機能一覧はこちら」をクリック。

sakura-server2

WordPressを簡単に導入できるクイックインストール機能、PHP5、MySQL5.5、自分の好きなドメインが使える独自ドメイン、ターミナルから操作できるシェルログイン等々があります。

また、「さくらのブログ」は知識がなくても簡単にブログが作成できる機能です。

WordPressの話題ばかり出ていますが、Movable TypeやXOOPSといったアプリケーションも簡単に導入できます。

電話サポート無料というのもうれしいサービスですね。

では実際に、さくらのスタンダードプランを契約してみましょう。

スタンダードプランを契約する

公式サイトのTOPページから「お申込み」をクリックします。

sakura-server3

「レンタルサーバ項目内のオンラインサインアップ」を選択します。複数項目があるので間違えないようにしましょう。

sakura-server4

申し込み画面に進みます。「はじめて利用する」「スタンダード」にチェックを入れます。

もし、既にアカウントがある場合は「会員IDがある、現在さくらを利用中」にチェックを入れましょう。今回は「はじめて利用する」で話を進めていきます。

sakura-server5

画面をスクロールすると、初期ドメイン登録フォームがあります。ここには自分の好きな文字を英数字で入力しましょう。

入力が済んだら「利用規約の確認へ」をクリックします。

sakura-server6

個人情報の取扱いについての確認ページに飛びます。条項を読んだら「同意する」「お客様情報の入力へ」に進みます。

ご自身の名前やアドレスを入力しましょう。入力が済んだら「パスワードの入力へ」を選択します。

sakura-server7

アカウントのパスワードを入力します。ひみつの質問にも答えて、「お支払い方法の選択へ」をクリックします。

sakura-server8

契約の期間を選択します。年間一括だとスタンダードプランの場合、月額515円が月額429円と安くなります。お好きな方を選択しましょう。

私は年間一括を選択しました。サーバーは長期で使う場合がほとんどなので、ここでは年間一括を選択するのをオススメします。

sakura-server9

支払い方法は「クレジットカード」「請求書払い」「銀行振込」があります。ご自身に合った支払い方法を選択しましょう。今回は手数料がかからないクレジットカードを選択しました。

ちなみにどの支払い方法を選択しても2週間は無料でおためしできます(キャンペーン中のみ)。

入力が済んだら「入力内容の確認へ」をクリック。

sakura-server10

入力内容の確認画面が表示されます。記入ミスがないか確認しましょう。

ちなみに、今回は初期費用含めて「6171円」でした。確認が済んだら「お申し込みをする」を選択します。

sakura-server11

これで申し込みが完了しました。

登録したメールアドレスにさくらインターネットからメールが届いているか確認しましょう。下記の内容のメールが送られてきました。

sakura-server12

少しすると、もう一通、契約内容の案内メールが送られてきます。

sakura-server13

このメールは削除せずに大切に保管しておきましょう。

管理画面へログインする

2通目のメールに記述してあるURLから、サーバコントロールパネルへログインできます。ログインしてみましょう。

sakura-server14

設定した初期ドメインと、先ほどのメールに記述してある「サーバパスワード」を入力してログインします。この画面は頻繁に使うため、ブックマークしておくと便利です。

sakura-server15

無事にログインできたでしょうか?

では、ログイン後すぐはパスワードが初期設定のままなので、変更しておきましょう。サーバ情報とパスワードの「サーバパスワードの変更」をクリック。

sakura-server16

現在のパスワードに先ほどの「サーバパスワード」、その下に「新しいパスワード」を入力し、変更をクリックします。

sakura-server17

これでコントロールパネルにログインしやすくなりました。

あとはWordPressをクイックインストールするもよし、ちょっとしたファイル置き場にしてもよし、ですね!お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
さくらインターネットは利用しているユーザが多いため、わからないことは検索してみると大抵解決するかと思います。初めてのレンタルサーバーとして、とってもオススメです。

 - さくらサーバー

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

さくらのVPSにCentOS7を導入する方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではさくらのVPS …

『さくらのVPS』契約方法まとめ

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではさくらVPSの …

FTPソフトを使ってさくらレンタルサーバーに接続してみよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではさくらレンタル …

さくらレンタルサーバーにSSH&公開鍵で接続してみよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。さくらインターネットのレ …

[WordPress]サーバーの引越し手順まとめ。ロリポップ→さくらレンタルサーバー編

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。当ブログvdeepを始め …

『さくらレンタルサーバー+ムームードメイン』で独自ドメインを設定

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。今回は「ムームードメイン …

『さくらのVPS+ムームードメイン』〜独自ドメインを利用する方法〜

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事では、ムームードメ …

さくらサーバーの初期ドメインへのアクセスを無効にする方法

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。さくらサーバーでは登録時 …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。