vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

マインドマップで頭の中を整理!クラウドで使える「MindMup」が良い感じ

      2016/07/10

LINEで送る
Pocket

mindmup
最近やりたいことがパンクし始めてるokutani(@okutani_t)です。iPhoneアプリも作りたいし、新しいTシャツも作りたい…そして何をしていいのか分からなくなる(´;ω;`)

そんな人のまとまらない考えを可視化してくれるのが「マインドマップ」です。

頭の中を可視化できる便利なツール…?なんか凄そうですね。マインドマップは、僕みたいに考えが浮かんでは消えてを繰り返してしまう人に、とってもオススメなツールです。

今回紹介するマインドマップは、Googleのアカウントがあれば誰でも無料で利用できちゃいます。これはやるしかない!

スポンサーリンク

GoogleドライブにMindMupを導入

では「MindMup」というマインドマップツールをGoogleドライブに導入しましょう。(名前がややこしい…)

まずはGoogleトップからGoogleアカウントでログインします。

mindmup

ログイン後、四角いアイコンから「ドライブ」をクリック。

mindmup2

「新規」を選択、「その他」→「アプリを追加」をクリックします。

mindmup3

「mindmup」と検索してインストールしましょう。

mindmup4

これでMindMupの導入完了です。

MindMupの使い方

では、さっそくマインドマップを作成してみましょう。

新規ファイルの作成

Googleドライブから「新規」→「その他」→「MindMup」を選択します。

mindmup5

マインドマップが作成されました。

mindmup6

マインドマップにタイトルをつける

真ん中の要素(ノード)に「何のマインドマップか」わかるようにタイトルを入れておきます。ノードをダブルクリックして入力、Enterを押します。

今回は「今やりたいこと」と入力しました。

mindmup7

ノードを追加する

ノードを追加は「Tab」キーをクリックすると行えます。ノードを追加して、やりたい事をどんどん書いていきましょう。

mindmup8

ノードは現在選択しているノードの下に追加されます。「今やりたいこと」をクリックしてTabを押すと、選択したノードの下に並べて追加できます。

mindmup9

どんどん追加していくと、こんな感じになります。

mindmup10

ちなみにShiftキーを押しながらEnterで、ノードの中の文字を改行できます。改行を入れて見やすくしておきましょう。

ノードの移動

作成したノードは移動できます。例えば「優先度が低いやつ」ノードを作成して「英語の勉強」をそこにドラッグしてあげましょう。

mindmup11

「英語の勉強」ノードを移動することができました。

mindmup12

ノードの色を変更する

ノードの色は「ノードを右クリック」→「Node color」で変更することができます。

mindmup13

今回は「オシャレな居酒屋を探し終わった」と仮定し、青色にしました。これで完了/未完了を区別できますね。

ちなみに右側にあるBOXからでも変更できます。

mindmup14

ノードのツリーを開閉する

ノードのツリーは縮めることができます。ノードの数が多くなってきたら、小さくしておくと見やすいですね。

「ノードを右クリック」→「Expand/collapse」で、選択しているノード以下をしまうことができます。

mindmup15

BOXの葉っぱマークからでもOKです。

mindmup16

マインドマップの保存

マインドマップが作成できたら「save」をクリックして保存しましょう。

mindmup17

これでGoogleドライブに保存されるので、ネット環境があるところならどこでもマインドマップを編集できます。

※保存時に下記画面が出る方は「Authenticate」をクリックして、Googleアカウントの認証許可をしておきましょう。

mindmup18

マインドマップを共有する

マインドマップは簡単に他の人と共有することができます。ここがGoogleドライブの凄いところですね。

実際に共有してみましょう。Googleドライブを開いて、先ほど作成したマインドマップを右クリック→「リンクを取得」をクリックします。

mindmup19

共有用のURLが取得できます。このURLを共有したい相手にメールやLINEで送ればOKです。

mindmup20

ちなみに、リンク下にある「共有設定」から共有方法のカスタマイズができます。気になる人は設定してみましょう。

マインドマップの使い方は以上です。ぜひ活用してみてください。

まとめ

これからやりたいこと」「今のタスク状況」「自分に関わる人のこと」なんてテーマでマインドマップを作成してはどうでしょうか。「みんなの意見をまとめる」といった用途でも効果を発揮してくれると思います。

自分の考えてることが多すぎてうまく相手に伝わらないときに、マインドマップを活用するってやり方、とってもスマートですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
マインドマップは企業の会議等でよく使われているそうです。マインドマップを使えば会議が捗ること間違いなしですね。ぜひどしどし活用してみてください。

 - Googleサービス, 仕事効率化

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する (IPアドレスを使った方法)

Google Analyticsを使うことで、簡単に自分のサイトのアクセス解析を …

Google Web Fontsで利用したい文字だけを指定する

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Webサイトで使うロゴ等 …

自分のアクセスを完全に除外する「Google Analytics オプトアウト アドオン」

休日はMacBookAirでスタバってる(スターバックスでコーヒータイム)、ok …

Google AdSenseに登録してみよう!一・二次審査〜広告の作成まで

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。Google AdSen …

Google Analyticsの登録&設置方法。サイトのアクセスを解析してみよう!

こんにちは、okutaniです。『Google Analytics』を利用すると …

Google Analyticsで自分のスマホのアクセスを除外【iPhone, Android】

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトをはじめたばかりの …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。