vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する (IPアドレスを使った方法)

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

google-analytics-my-ip-exclude
Google Analyticsを使うことで、簡単に自分のサイトのアクセス解析をおこなうことができて便利です。このサイトでもGoogle Analyticsを使って、どの記事がどれぐらい読まれているか等チェックしています。

しかし、何の設定もしないとサイト更新や記事チェックする作業をおこなう度に、自分自身のアクセスもカウントしてしまいます。

なので本記事の設定で自分のアクセスを取り除くようにしておきましょう。

スポンサーリンク

IPアドレスを調べる

まずは下記サイトから自分のIPアドレスを調べます。このIPアドレスをGoogle Analyticsに登録することで、自分が行ったアクセスだけを除外することが出来ます。

LINKIPアドレス確認 – 確認くん

現在接続している場所(IPv4)の横にある12桁の数字をメモしておきます。

google-analytics-my-ip-exclude

これでIPアドレスが取得出来ました。このIPアドレスをGoogle Analyticsに登録しましょう。

IPアドレスをフィルタに追加

まずはGoogle AnalyticsにGoogleのアカウントでログインします。設定画面が開いたら、上部メニューの「アナリティクス設定」をクリック。

google-analytics-my-ip-exclude2

サイト一覧が表示されるので、「すべてのフィルタ」を選択。

google-analytics-my-ip-exclude3

「+新しいフィルタ」をクリックします。

google-analytics-my-ip-exclude4

フィルタの編集で次のとおりに入力します。

  • フィルタ名 → [分かりやすい名前]
  • フィルタの種類 → [定義済み]
  • 除外 → IPアドレスからのトラフィック → 等しい

  • IPアドレス → [先ほど調べたIPアドレス]

google-analytics-my-ip-exclude5

自分のアクセスを除外したいサイトを選択します。私は管理している全てのサイトを選択し、追加ボタンを押して保存しました。

これで自分のサイトに何回アクセスしても、Google Analyticsはそのアクセスを全て無視してくれます。

まとめ

Google Analyticsに自身のIPアドレスを登録することで、そのアクセスを除外する設定をおこないました。

IPアドレスは接続するネットワークによって変化するので、普段作業している場所ごとに登録すると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
この設定だとIPアドレスが変わる度に設定しないといけないので少しめんどうです。キャッシュを使ってPC毎にアクセスを除外する設定をまた載せたいと思います。

 - Googleサービス

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

  こちらもどうぞ

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。