vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

Mac・CentOS7にgolangを導入する方法

      2017/01/31

LINEで送る
Pocket

golang
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。本記事ではGoogleが開発したgo言語の導入方法について解説しています。

go言語の公式サイトは以下リンク。

LINKThe Go Programming Language

go言語はよくgolangとも表記されます。本記事ではgolangと表記して解説を進めています。

また、本記事ではMacとCentOSへの導入方法についてまとめています。Windowsの方は「はじめての Go 言語 (on Windows) – Qiita」あたりを参考にすると良いかと思います。

では、golangの導入方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

Macにgolangを導入する方法

Macでは、Homebrewを使うとかんたんにgolangを導入することができます。

Homebrewがよくわからない方は「MacにHomebrewを導入する方法&使い方まとめ | vdeep」あたりを一読し、事前にHomebrewをインストールしておきましょう。

brewコマンドを使ってgolangを導入。

$ brew update
$ brew install go

導入確認。

$ go version
go version go1.6 darwin/amd64

無事にgolangが導入できました。Homebrewを使うと本当にかんたんですね。

作業用ディレクトリへパスを通す

golangでは2種類のパスを通しておく必要があります。

ひとつは、golangの実行ファイルがある場所のパス。こちらは他のツールと同じようにPATHに追加してあげればOKですが、Homebrewでは自動でパスが通っているので設定の必要はありません

もうひとつは、golangの作業用ディレクトリへのパスです。こちらはgolangの外部ライブラリを導入する際に必要で(go getコマンド利用時)、GOPATHという名前で設定します。

ちなみに、GOPATHの場所はどちらでも構いません。自分の作業しやすい場所に設定しましょう。

.bashrc(zsh使いは.zshrc)にパスを記述すればOKです。

$ vi ~/.bashrc
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

PATHに$GOPATH/binを追加しているのは、追加したパッケージのコマンドを利用できるようにするためです。

シェルを再起動するか、次のコマンドを実行。

$ source ~/.bashrc

これでgolangの外部ライブラリを導入することができます。本記事の最後の項目で、実際に外部ライブラリを導入&利用例を載せていますので参考にしてください。

CentOS7にgolangを導入する方法

CentOS7にもgolangを導入してみたので、一緒に解説しておきます。

以下から最新版のgolangを確認します。

LINKDownloads – The Go Programming Language

golang2

次のURLが取得できました。

https://storage.googleapis.com/golang/go1.6.linux-amd64.tar.gz

CentOS7にSSHなどで接続し、「/usr/local/src」へ移動、DL&解凍。

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.6.linux-amd64.tar.gz
$ sudo tar -C /usr/local/ -xzf go1.6.linux-amd64.tar.gz

一般的に、自分で導入したツールは「/usr/local」以下に置くように決められています。とりあえずこちらに導入しておけばOKかと思います。

Macと同様GOPATHの設定、golangの実行ファイルまでのパスを記述。

$ vi ~/.bashrc
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin
export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

シェルの設定を再読み込み。

$ source ~/.bashrc

では、インストールが完了したので、お決まりのhello worldを表示させてみましょう。

hello worldを出力してみる

hello worldを出力してみます。hello.goファイルをGOPATHで指定したディレクトリ以下に作成。なお、ソースコードはGOPATH/srcに置くのが一般的なようです。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

実行してみます。

$ go run hello.go
hello, world

無事にhello worldできました。

ビルドして実行する場合は以下のとおりです。

$ go build hello.go
$ ./hello
hello, world

外部ライブラリを導入してみる

GOPATHがきちんと設定されているか、試しにgolangのドキュメントツールをインストールして確認してみましょう。

どこでもいいので以下のコマンドを実行します。

$ go get golang.org/x/tools/cmd/godoc

GOPATHに設定したディレクトリに、godocライブラリが導入されているかと思います。では、godocコマンドを使ってfmtのマニュアルを見てみましょう

$ godoc fmt
use 'godoc cmd/fmt' for documentation on the fmt command

PACKAGE DOCUMENTATION

package fmt
    import "fmt"
... 省略...

無事にgodocコマンドを使ってマニュアルを見ることができました。

golangをはじめて利用する方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
新しく言語を触る時ってとりあえずhello worldしたくなりますよね。これからgoを使ったチャット機能を作っていこうと思います( ^ω^ )

 - Go

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

Go言語フレームワーク『Echo』の導入方法&かんたんな使い方

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。仕事ではPHPやRuby …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。