vdeep

*

vdeepはプログラミング、IT、Web技術、ライフハックの事などなどを管理人okutaniがつぶやくブログです。月間11万PV〜。

All in One SEO PackのXML Sitemapで最低限行うべき設定項目

      2015/10/11

LINEで送る
Pocket

wp-all-in-one-seo-xml
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでサイトを立ち上げる際に、SEO関連の設定を一括で行える便利なプラグインが「All in One SEO Pack」。

このプラグインの「XML Sitemap」の設定を適切におこなうことで、検索エンジンに更新情報を伝えることができます。

All in One SEO Packの導入&設定がまだお済みでない方は、こちらの記事を参考にしてください。

WordPressのSEO対策定番プラグイン「All in One SEO Pack」導入手順
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでサイトを立ち上げる際に、SEO...
2015-03-03 02:43
はてブ

また、上記参考ページにあるサイトとウェブマスターツールへのヒモ付け設定を終えてから、本記事を進めてください。

では、さっそくXML Sitemapを設定していきましょう。

スポンサーリンク

XML Sitemap機能を有効にする

ダッシュボードから「All in One SEO」→「Feature Manager」を選択します。

all-in-one-seo-xml

「XML Sitemaps」の「Activate」をクリックします。

all-in-one-seo-xml1

下の画像のようにアイコンに色がつきました。

all-in-one-seo-xml2

これでXML Sitemapが有効になりました。かんたんですね。

XML Sitemapの基本設定

XML Sitemapsを有効にすると、ダッシュボードの「All in One SEO」に「XML Sitemap」項目が追加されているので、クリックして設定画面を開きます。

all-in-one-seo-xml3

GoogleとBingに更新情報を自動で通知

「XML Sitemap」項目の中の「Notify Google」「Notify Bing」にチェックを入れます。ここにチェックすることでサイトを更新した際に、GoogleとBingに更新情報を自動で送るようにできます。

all-in-one-seo-xml4

Sitemapの最適化

Sitemapの最適化をおこないます。

「Post Types」と「Taxonomies」からSitemapに含まれる項目を選択。ここでは「投稿」「固定ページ」「カテゴリー」にチェックします。

all-in-one-seo-xml5

これでSitemapに含めるコンテンツを指定できました。

次に、Sitemapから除外したいページを設定します。少し下にスクロールして「Excluded Items」の「Exluded Pages」に除外したいページのパーマリンクを「,」区切りで入力します。

all-in-one-seo-xml6

コンタクトフォーム、SEOに悪い影響のあるページ等を入力しておきましょう。

※SEOに悪い影響のあるページとは、文量がほとんどない記事や、管理人の独り言など、検索エンジンから低評価をつけられてしまうページを指します。

パーマリンクは、このページを例にすると「http://vdeep.net/all-in-one-seo-xml-sitemap」の「all-in-one-seo-xml-sitemap」の部分を指します。

設定が終わったら「Update Sitemap」を忘れずにクリックしましょう。

Googleウェブマスターツールへ反映させる

では、今おこなった設定をGoogleウェブマスターツールに反映させます。

サイトを管理しているページから「サイトマップの追加」をクリックし、「sitemap.xml」と入力します。

all-in-one-seo-xml7

これでGoogleウェブマスターツールへの反映設定完了です。お疲れ様でした。

まとめ

All in One SEO Packの初期設定を完了させた方は、忘れずにXML Sitemapの設定をおこないましょう。

これで、検索結果にサイトのコンテンツが適切に表示されるようになりますね。参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket

okutani (@okutani_t) のヒトコト
本記事では最低限行うべき初期設定を紹介しましたが、もっと細かく設定したい方は、他の設定箇所をそれぞれ確認しておくと良いかと思います。

 - WordPressプラグイン

スポンサーリンク

PC用AdSense

PC用AdSense

Share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  こちらの関連記事もどうぞ

[WordPress] ソースコードを綺麗に表示!SyntaxHighlighter Evolvedプラグイン導入

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressにソー …

[WordPress]『Better Delete Revision』で不要なリビジョンを削除しよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressで記事 …

All in One SEO PackでSNSのシェア設定をおこなう

vdeep管理人okutani(@okutani_t)です。WordPressで …

WordPressのSEO対策定番プラグイン「All in One SEO Pack」導入手順

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでサイ …

WordPressのサイトマップを「PS Auto Sitemap」で作成してみよう

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトマップとは、サイト …

WordPress Popular Postsで人気記事一覧を設置&CSS装飾

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。 ブログのサイドバーに「 …

SEO対策に!PubSubHubbubを使ってGoogleに素早くインデックス

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressプラグ …

[WordPress]お問い合わせフォームを「Contact Form 7」で作成する

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトを運営していて必要 …

「Preserve Editor Scroll Position」プラグインでエディタのスクロール位置を固定する

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressでは書 …

DISQUSでWordPressのコメント欄をパワーアップしよう!

こんにちは、okutani(@okutani_t)です。WordPressサイト …

vdeepのトップページへ戻る画像です。風船の形をした島を女の子が掴んでいます。